2008年11月02日

葵上の舞

『女舞』
大庭秀雄監督、岡田茉莉子主演です。


岡田茉莉子さんと舞というのはぴったりきますが、
それが映画になるとやっぱり少し違ったかもしれません。
あとは、もっと能っぽい舞の方が似合っていたかな。

岩下志麻様も出ていたのですが、志麻さんも舞という感じでなし、
贅沢なわりには少し物足りなさを感じてしまう映画でした。


茉莉子さんが恋をする舞(能)の先生が
「葵上」を演じます。それでタイトルが「女舞」。
否定はできないけれど、
やっぱり男性にとっても女性にとっても
葵上っていうのは女性が持つ感情であって、
手に負えないものとして扱われるんですよね。
苦しさが残るばかりです。

普段は感性に魅かれるけれど、感情も捨てきれませんからね。
まだまだ疲れはとれません。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

まあるい地球に朝がきて


中村登監督、岡田茉莉子主演、『斑女』

かつての夫の弟と駆け落ちしたものの
やっぱり別れた方がいいわってんで
道端で知り合った画家先生の力を借りて夜の蝶となり
恋人には住み込みの仕事させてそれぞれ自立しようとするも
勤め先で男にいいように利用されるわ
恋人は宿の若い子と出て行ってしまうわで
アタシは画家先生といるときが一番落ち着くわ!と
身を固めようとするんだけれど
あれやこれやでやっぱり彼が大事だわ…という心境になるまで。

薄っぺらすぎるあらすじ解説でした。

でももっと泥っぽい作品だと思っていましたが、
かなりポップなものでした。
オープニングロールが和田誠さんのイラストに、
武満徹さんが曲をつけた谷川俊太郎さんの「恋のかくれんぼ」。
軽快なテンポです。


比較的若い慶様がお店の女の子をだます客として出演。
700万円盗んでしまいます。抜け目なし。
画家先生以外に関しては、男の人の悪さやずるさが描かれてます。
でも女性にもやたらとお金を付随させたり。
せせこましく生きる人間のココロを映したのでしょうか。


というわけで一番落ち着いていたのが画家先生だったので、
もっと彼を中心に撮ってもよかったのではないかなぁと。
先生と東京タワーについては、わりと上手く絡めてあったと思います。

あとは、はねっかえりながらも一途な女の子を
新人の頃の倍賞千恵子さんが演じています。
アメリカ50'sっぽいジャンパーを羽織っていて、可愛いかったです。
posted by Cui at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ござい


リンゼイ・ケンプ・カンパニーのバレエ映画
『真夏の夜の夢』を観に渋谷へ。

シェイクスピアの戯曲は読んだことがないのですが、
前にイジー・トルンカの人形アニメーションは観たことがあって
それがすごく綺麗だったので、
バレエも期待してました。


が、思っていた程ではありませんでしたな。
トルンカから植えつけられたイメージが強すぎたんで、
もうちょっと上品さや美意識が欲しいところでした。
劇中劇の『ロミオとジュリエット』が一番面白かった様な…。
ジュリエットの「窓」が斬新な手法で現わされてたのが印象的。


あとは「小姓」の子がかわいかったです。ララバイを歌う子。
両性具有っていうよりは中性的な方。
パックは妖怪みたいでして、
妖精をイメージしていたのでややびっくり。


パックが自分の足の速さを自慢する時に
「パックにはひっとっとびでござい〜」みたいな言い方をしていて、
以来私の頭の中でだけ、「ござい〜」という響きがブームです。
頭の中でだけで流行ってます。
家の中ではたまに漏らしたりしてますが、
それ以上外には出さないので、ご安心を。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

具材よし

別に意識しているわけではないのですが、
また松本清張原作。
『けものみち』
映画じゃなくて20年くらい前のNHKドラマ特番ですが。




キャストが豪華!
まず山崎努さん。
女にとある「話」をもちかけるホテル理事長。
温泉にいるときもスーツ姿のときも骨董商のときも
いいひとになるときもとりあえず怪しい。
けどやっぱうまいなー!と思わせますね。
最終話が特に!


刑事役に伊東四郎さん。
芸人さんが演技をするっていうのは
テレビ時代となってから珍しくないんだろうけど
ここまでやってのけるひとは珍しいですよな。
出てくるとちゃんと空気がぴりっとします。
そういえば伊東さんが雑誌社に真相をもっていったとき
対応したジャーナリストが塩見さんだったような。
若さに驚きました。


加賀まりこさん、可愛い!
西村さんの昔のお妾さん。
個人的にはもっともっと若いかもっと年取ってからのが好きですが。
役も合っていたかはわかりませんが、
うーん、お人形さんです…。


なにやらいろいろな界のドン、西村晃さん…
この人の妖しさはどこからくるのでしょう。
白髪、肌、眼の光。
食事のときよだれかけして「あーん」ってやるとことか。
出番の度に衝撃をはしらせる方です。
水戸黄門やってたんですよね…。


主役の女の夫役、石橋蓮司さん …半身不随で。
半身不随がここまで似合うってどういうことでしょう。
いやらしさ全開です。


主役が名取裕子さん。
私は名取さんはそこまでではないのですが、
脇がここまで濃いので。


音楽がよかったです。ムソルグスキー。
ただ、カメラや美術や演出がいま一つ。
演出、和田勉さんだったんですけどね。

私は演出家としての和田勉よりも
だじゃれ家の和田勉の方が好みのようです。
「このテレカは、おれカ?」と言っていた
即席スパゲティのCMが懐かしいです。
posted by Cui at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタダキ

内海の輪.jpg


岩下志麻様のお姿を観に映画。
『内海の輪』
松本清張原作です。
てことは、はい、黒いですね。
松本清張の『黒の様式』シリーズが原作らしいです。
そのまんま、黒いですね。


ほんっとうに美しい志麻さん。
かおかたち、って言いますが
本当に骨格やら肌のキメやら、
かおかたちが絶妙のバランスで美しいのですよ。
それに和服姿も洋服姿も可愛い。
最後に泊まった蓬莱峠ホテルの部屋も洒落ていて、
そこにいる志麻さん、
半狂乱で緊張したシーンではありましたが、
そこにいる志麻さんが何とも可愛らしいです。

中尾彬は若いですね。まだ若い頃。
映画館に貼ってあった昔の宣伝ビラにも、
「好青年」なんて評がありました。
役どころもさっぱり好青年ではなかったのですが
こんな評判をもらっていた時代があったとは。

旦那さん役の三國連太郎がかっこよくて…
個人的には中尾さんと志麻さんのツーショットよりも
三國さんと志摩さんの方が好きでした。


構図に拘るカメラだったので、映像はまぁ面白かったですが
女中さんや旦那さん、
内海の人間たちの心理描写がもうちょっと欲しかったです。
それか過去のお話か、二人の姿か…
要するに、もっとどれかに的を絞って撮った方が
作品としてはよかったかもしれません。
配役そのものが当たっていたかもわかりませんし。


あと、観ていて感じたのが、
志麻さんの「〜して頂戴」の「ちょうだい」は
響きが漢字でした。
「一万円出しておいて頂戴。」とか。
時代もあるのでしょうけれど、
今なかなか「ちょうだい」の響きを漢字で聞こえさせられる人は
いないだろうな。私ももちろんできていませんし。
できるようになりたいな。
頂戴。
posted by Cui at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

洋子のよろめき

9月最後の映画。
最近あんまり映画観れていなくて、いけませんね。

中平康監督・脚本、桂木洋子主演の『密会』
原作が吉村昭らしいです。


桂木洋子さんを観るは恐らく初めてです。
存在自体、特集で知りました。
チラシに「桂木洋子のよろめきぶりも見事」と書かれていたので
一応、観ておかないとと。


大学教授の妻が、夫の教え子と不倫の仲に。
ある日逢引の最中タクシー強盗の現場を目撃。
一向に捕まらない犯人と、悲嘆にあえぐ遺族より
罪悪感に苛まれる男。
法学に身を置いていることもあって、
良心の呵責からついに警察に届け出ようとするが、
女は夫に知れることを恐れて… という話。


脚本がとても上手でした。テンポがあって。
女の家では落ち着かない女中さんが、
男の家では活発な妹さんが、
動きと音とを巧みに使うんです
苦しんでいる家主の前であっけらかんと。


「よろめき」がいつ出たのか
よくわからなかった(ラストかな?)のですが、
全体的によろめいている方でした。桂木さん。
もっとさばさばした感じの方かと思っていたのですが、か細くて。


男のアパートを訪ねたときに部屋が(妹との喧嘩で)
散らかってるのを見て、
「あらあら」って言うのが可愛かったです。
「だめねぇ」って高い声で笑うんですよ。
それがすごく自然で、こういう女性って今あんまりいないし、
同性から好かれるタイプじゃないんでしょうけど、
いいなぁって思いましたよ。
可愛いなぁ。
posted by Cui at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

はらわた

『追悼のざわめき』

ニュアンスに差こそあれ、えぐい映画ばかり観ている気がします。


これも観てみたかった映画ではありますが
観れるか心配だった映画でもあります。
なんたって何度も上映禁止になったり
税関でストップさせられた作品ですからね…。

あらかじめ耳にしていたいわくよりは
観やすい映画だった気がしますが
ラスト30分の展開は衝撃的でしたね。
でもよく考えたら、はじめから衝撃的です。
ソフトなものなんてありゃしないのです。


マネキン人形や小人の兄妹、
殺人や暴行、近親相姦…
タブーしか出てこないのに、恐ろしいことに監督は
空想ではなくてリアル、「有るもの」を撮ろうとしてます。


小人の女性がバスに乗り込むシーンが印象的でした。
車掌とのやりとりから、
「いや」に紳士的な男性に優しくされるとこまで。
いやらしくてえぐい。

DVD鑑賞という選択が正しかったかはわかりませんが
畳の上で観れたことはよかった気がします。
皆さまも是非、畳の上で。
(えぐみが苦手な方はどっちにしろ無理だと思われますが。)
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ある朝スウプは

ずっとずっとずっと観たかった映画なのです。
『ある朝スウプは』


パニック障害と新興宗教で、逸していく男を
社会の側からひっぱろうとする女。
でもこれって確かに病気の映画でも宗教の映画でもなくて
他人な二人の映画ですね。
哀しい。

思っていたよりも画像が粗くて、
大学生の自主制作映画っぽかったです。
もともとアマチュアの映画祭でグランプリとった作品なわけですが
もうちょっとフィルムっぽいものを期待してました。


でもなんだかやっぱりひっかかる映画でした。
女がいわゆる「善人」だったり「完璧」だったりすると
するするのすかすかになってしまうんですが、違ったので。
財布をとりあげたり殴ったり、
就職活動がうまくいかないことにイライラしたり。
アパートの一室でゆるやかに広がってく溝が
よく出ていました。


どうすればいいんだろう?どうしようもないね。
映しだされてるものを観ているとそうとしか考えられなくて
どすんと落ちてしまいます。
でも
どうしようもないものはどこまでいってもどうしようもないんだな。
リアルすぎて怖い映画です。



posted by Cui at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

黒い画集

『黒い画集 第二話 寒流』

黒い画集.jpg


映画で初めてとっつく人間にとっては「第二話」という響きが
なんとも気になるところですが、
別にシリーズものというわけではないようです。
松本清張原作で、
池部良、新珠三千代主演、鈴木英夫監督作品。


新珠さんの綺麗なこと綺麗なこと…
さすがにお客さんも大入りでした。
そりゃ観に行かないとですよね、美女は。
話も映像もスタイリッシュだし、面白いのですが
すべてが新珠さん(和服姿)の出現によって
意味を失います。

先日観た『花影』にも池部さんが出ていて、
色っぽくてステキな男性なんですが、
でも、やっぱり、新珠さんですよなぁ。
あんな綺麗で、かわいく微笑まれたらイチコロです。


救われない話ではありますが、
根っからの善人も一人も現れない作品です。
清張的ですね。社会的とも言える。
「社会派」という言葉で何かをとらえると、
どこかへの糾弾とか、
何かしらの役職を巡っての人間の動きだとか
猜疑心や思惑の入り乱れが
連想されてしまうのですが、
そうして振り返ると「社会」ってどうしても黒い。
黒いですね。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

映像的フィルム

『花影』
大岡昇平原作、川島雄三監督。


原作は数年前に読んだことがあって、
ラストがやけに映像的だったのを覚えてました。
なんで、実際映像になるとどうなるのかという興味があって。
あと、川島雄三さんの作品も観てみたかったので…。


ラストはやはりというか何故かというか、
原作の方がぐっと映像的でした。
でもその分というか何故かというか
ラスト以外の部分は映画が異様に映像的。
映像だから当たり前なはずなのに、映像的、すぎる。


役者さんも脚本もよかったんですが、
カメラの秀逸さに心を奪われました。
遠近感とか、あと物の重なり。
「見えてない」ところに意識をとばさせる画面で、
どうしてこんなことができるのか不思議で仕方なかったです。
そのくせ気が散る様なことも全然なくて、
ここちよい刺激を伴って流れていきます。


冒頭とラストのナレーションだけ不要だった気もします。
だからこそ原作の方が映像的、という結果になったのかも。
でもほんとにほんとの最後の言葉と
ほんとにほんとの最後の画面の入り方は合っていました。



作品自体を、
なんだかすごく良いタイミングで観れた気がして
帰り道、満足感を確かめながら見慣れた景色を通り過ぎていきました。
わりと不幸というか苦しいというか、
やるせないものが残る作品なんで、こんなにびりびりしてしまうのは
疲れきっている証拠かもしれない。
でもぴったりのものをぴったりのタイミングで見つけられることは
やっぱり良かったと思ってしまいます。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

不純情きらり

そしてまたおうちに籠ります。
DVDで観ました。大島渚監督の『白昼の通り魔』


慶様のアップです。
他の監督さんってあんまり慶様をアップで撮らないのですが
渚監督はよく撮ります。
慶様の眉ひとつ動かさないでつくる企み顔がアップで続々と。


やっぱり渚監督は撮り方が面白い。
「文字」をあれだけ巧みに使う監督さんは他に知りません。
あと、女性二人の追う/追われるも凄かった。
ああいうのも、やるしても普通は男女で撮ろうとしますよね。
地味なところでアウトローなことをやってます。


メインの女性お二人。
タイプは大きく異なりましたが
どちらも私好みでした。


ある種の純愛があるので、そこだけ慶様には違和感でしたが
ラストの独白で救われたかな。
純を純で証明しようとしても無理があるというか、
その時点で不純になってしまうから。



posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

ポジション

西陣心中.jpg


ようやく映画館へ足を運びました。
高林陽一監督作品、『西陣心中』

おそらく先月観た『金閣寺』
同じ監督さんだろうなと思ったら当たりでした。
どんよりじんめりしてます。


主役の女性(島村佳江さん)は綺麗でした。
もっと早くから髪を切ればよかったのに。
三原葉子さんも、出番の割にはかぐわしい妖気をばらまいてました。
お母さん役の人も可愛かったな。

ただこの監督さんは女性を撮るひとだけど、男性優位ですね。
男性のために女性を必要としてるし、
女性も男性のものになることを求めている様に撮ってます。
いいとか悪いとかじゃないし、撮り方は面白いのですが
いくつもの作品を続けて観ることはできないタイプです。私には。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

覗き屋



『悪魔のシスター』を家で鑑賞。
8月は外に全然出ていないなぁ。


面白かったです。撮り方がうまくて。
原題は「sisters」だし、ストーリーも姉妹が核となって
進んでいくのですが、
でももうひとつ、「覗く」というキーワードも常に存在してましたね。
冒頭のテレビ番組や事件の目撃、あと事実を知る場面も。


画面の分割や、主役の女性自体もお洒落で
フランスちっくでした。
フランスちっくなところに出てくる「シャム双生児」は
魅惑的でした。
(こういう風にファッション的に捉えるのも
 不謹慎なのかもしれませんが。)


最近上映された『シスターズ』は本作品のリメイクらしいですが
きっとストーリー展開が主なものになってしまってるんだろうな。
予告で観た限り、バーキンの娘は綺麗でしたが
でもフランスちっくにならないからな。(英国ですね。)


デ・パルマ作品って観るの初だと思っていたら
あの作品を撮った人だったんですね…。
中学の時観て、血の気がひいたあの作品の。


posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

old

やなちゃんとベン・シャーンと、生誕祭が続いたところで
自分の番です。
また年をとりました。

誕生日にも映画。家でですが。
『バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び』

バレエリュス.jpg


ううーむ、面白くはないです。
ドキュメンタリーとしても、良くはないです。
題材としては決して無駄なものではなかったはずですが。
映画って言うよりも、どちらかというと英語教材っぽいですね。
LL教室で見るやつ。
映画館では、ないです。

ただひとつよかったと言えるのは、
やはりあのハンサムさんでしょうか。
みなさまから「ハンサム」「ハンサム」と言われ
バラの精の役もかっこよかったです。写真だけなのに。
あんなハンサムさんは久々に観ました。すごいですよ。

何がすごいって、
御齢80歳を超えても、尚ハンサムなんですよ。

posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

小さな親切

キム・ギドク以外で韓国映画っていつ以来でしょう。
まさかのTOEICの後で、おうちでDVD。
『親切なクムジャさん』


もっと思い込み親切な感じだと思ってました。
ストーカー的な。
あるいは微笑み三年返し的な復讐劇かと。
そこまでの親切は感じなかったなぁ。
割合派手な映画でしたね。

派手というのは、ストーリー展開もそうなんですが
CGが多くて視覚的にも。
でも日本よりずっと使い方がうまく感じられました。


クムジャさん役の方は、綺麗。
疲れて知的な美人さんには弱いです。
あと中国や韓国ってクラッシック音楽が似合いますよね。
とくにピアノ旋律が。凛とします。

でも何故だか一本観ると「しばらくいいや」って感じてしまう。韓国映画。
こんなこと書くのも
読んでくれている方からしたら大きな迷惑っていうか
やな感じですよね。



posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

赤い風船

残念ながら私は「懐かしい」「もう一度観たいと思っていた」
世代ではないので、
そこまでの興奮はなかったのですが
でもチラシをもらった時点で観にいきたいとは思っていました。
アルベール・ラモリス監督の
『白い馬』
『赤い風船』



『白い〜』は少年と馬の友情、という
愛情あふれる作品だと思っていたのですが、
これが切ない切ない。
馬と仲良く暮らす少年。
途中でウサギを捕まえて食べるシーンがあって
そんなところにもきゅーっとしました。

『赤い〜』は、とにかくかわいい作品でした。
こどもの目で観れるといい作品。
お母さんから風船を窓からぺってされてしまったり
ともだちたちがわーわーと風船をつかまえようとしたり
こどもの世界はたいへんです。
最後は、ほんとにきれい。


話に聞くと、この映画は小学校で観せることもあるとか。
こんなオシャレな映画、
私の小学校時代には観せてもらえなかったですよ。


-------------------------------------------
-------------------------------------------
※ブログパーツです。
赤い風船をクリック!




posted by Cui at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

屋根裏の乱歩者

おうちでDVD。
実相寺昭雄監督の『屋根裏の散歩者』


うーん…、90年代の作品だからフィルムがいま一つだとか、
岸田森さんが亡くなってしまったからだとか、
理由をいろいろと挙げたくなるのですが、
でも信じがたいです。実相寺作品だとは。
三上博史さんも出ていて、乱歩原作。
当然面白いと、思っていたんですが。


以前見た、田中登監督版の『屋根裏〜』も
やっぱりあんまり好きではなかったし、
どうもこの作品は映画に向かないのでしょうかね?
(その時も主役は石橋蓮司さんで、
 面白くならないはずはないと思っていたのですが。)


でも田中登監督は、もともと自分に向かないだろうのに対し
今回は実相寺監督だったので、心配はないだろうと思っていたので
残念でした。
何よりカメラが…、実相寺カメラじゃありません。


しかしDVDの特典映像は面白かったです。
時間がなくて全ては観られなかったのですが、
あれはあのままずっと続くのですかね?
本編映像にのせての対談は…。



posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

夕焼けこやけ

『五番町夕霧楼』


横内正さんが出ているとのことで、いそいそと。
こちらは水上勉原作の「金閣寺」が原作。
図らずも、金閣寺つづきになりました。


「金閣寺」以外の話も混ぜてあるっぽいので、
どちらかというと松坂慶子扮する女性(遊女)と
金閣寺を燃やした僧との悲恋がメイン。
だからというわけではありませんが、
でも映画の出来としては
先日観たものと比較になりませんでしたな。
ちょっと安っぽいです。


横内さんはかっこよかったですよ。もう。
風吹ジュンさんにだけちょっとひどい人でしたが。
しかし風吹さんて全然変わりませんね。
でも、40、50代になってからの方が好きです。
幼い顔をした女性はたまにそうです。
永作博美さんも年をとってからの方が好きだし、
きっと池脇千鶴さんなんかもそのタイプ。


こちらの原作は読んでいないので、
今年読みたい本として挙げておきます。もちろん三島版も。

posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

炎の色


『金閣寺』

若干遅刻してしまいました。
(時間を10分間違えていた為)
むしろ映画館の方を慌てさせてしまって申し訳ないです。
でも、帰らなくてよかったです!
重いけれど良い作品でした。高林陽一監督作品。


三島由紀夫原作の「金閣寺」は
最初の方だけ少しだけ読んだことがあります。
おそらく映画は、原作に則しているのですが
不気味な、異形の様な作品になっていて
それがこれまで抱いていた三島への敬遠とも組み合わさり
観た後は自分の体の血がどろどろな気分。いい感じです。


実際にあった事件なので、どこまで作品としての
捉え方をしてよいものか
という気もするのですが、
金閣とともに死のうという甘美な夢を失った僧の…
というかそういう風に描いてしまった三島の危うげな美学が
どうしても心に暗い影を落としていってしまいます。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

僕は精神が好きだ

映画帰りに映画、それも喜重映画。
『エロス+虐殺』の、ロングバージョン(3時間半…)




でも長さはそこまで気にならなかったです。
思っていたよりかは観やすかったですし。
どちらかというと、DVD上映だったので
画像が気になりました。
フィルムとデジタルってこんなに違うのか…。

大杉栄と伊藤野枝、そして日蔭茶屋事件。
我が家には彼らに大変な興味を持っている人がいるので
何となくは知っていました。
逆に、何となくしか知っていませんでした。
お勉強の映画ではないので、
知っていないとおそらく味わいきれないのです。


もともとのイメージとして
大杉栄・伊藤野枝の役に
細川さん、岡田茉莉子さんというのは
少し違和感がありましたが
映画の意図は彼らを描写することじゃなくて
彼らの精神を咀嚼することにあるだろうから
別にそれもいいのかな。


とにかく、もっと本を読んでからもう一度観たい映画です。
アナーキズムについて
そして、喜重の示すジェンダーについて。
それは近現代史という「歴史」
…過ぎ去ったもの・選ばれたものとして考えるのではなくて、
いまここで考えたいことです。



posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。