2009年11月08日

イムジン河 水清く


時期が時期だっただけに、館内の音楽は一色に染まっていました。
映画館スタッフも含め、全員の頭の中には同じ言葉が浮かんでいたでしょう。
追悼・加藤和彦さん。

ザ・フォーク・クルセダーズ主演であり
彼らの同名曲を冠した渚作品、『帰ってきたヨッパライ』



帰って来たヨッパライ [DVD]

帰って来たヨッパライ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD




曲の人気にあやかろうとして持ちかけられたであろうこの企画、
他の監督に頼んでいたら、きっと歌詞をそのままなぞるだけの作品になっていたのではないかと。
渚監督に頼もうと決めた方には敬意をはらいます。


冒頭に「途中で最初のシーンに戻る場面がありますが、これは監督の意向です」
といった但し書きが表れるのですが
「わざわざそんなこと書かなくても…」などと侮るなかれ、
これ、本当にびっくりします。随分長いこと同じ場面が続くので…。

殿山さんがさらりと「たばこ屋のおばさん」として登場するのですが
何故そこで性別を変える必要があったのか。
なぜ、なぜ…。
そして二回目の登場で、何故一回目に別の方がやっていた役まで殿山さんが演じているのか。
なぜ、なぜ…。
もう、どこからつっこんでいいのかわかりません。

慶様は韓国人として出るのですが、韓国人ということよりも何よりも、
学生という設定にボディブロー。
この作品については、悪人度がどうとか、そういう尺度では測れません。
ここまで映画と慶様を自由にできる渚監督の世界に、ただただ唖然とするばかりです。


ショートヘアの緑魔子さんも可愛。とびきり可愛。
美人は何をやっても似合いますな。


作品として朝鮮(韓国)が絡むので、
「帰ってきたヨッパライ」よりは「イムジン河」を喚起させました。
「あなたは日本人ですか」「いいえ韓国人です」「それは何故ですか」「韓国人だからです。」
繰り返される街頭インタビュー。
ラストの、車窓から見える処刑シーンなど、印象的な場面が多いです。


ザ・フォーク・クルセダーズの三人は、まだどこか少年ぽさが残っていて
その青さが作品に酸味を与えているようでした。
この時代の若者は、どんな思想を持っているかに関係なく、
共通してこんな酸味を持っている様に感じます。

♪イムジン河 水清く とうとうと流る …
楽器も持たず、三人でうたう「イムジン河」のハーモニーの綺麗なこと。

♪誰が祖国を 二つに分けてしまったの 誰が祖国を 分けてしまったの …
他にも功績は多いのだとは思いますが、
私はやっぱり「イムジン河」が日本にひろがって良かったと思います。


イムジン河

イムジン河

  • アーティスト: ザ・フォーク・クルセダーズ,朴世永,サトウハチロー,松山猛,青木望,ありたあきら
  • 出版社/メーカー: アゲント・コンシピオ
  • 発売日: 2002/03/21
  • メディア: CD



posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168920405

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。