2009年11月07日

人間


慶様特集つづき。
新藤兼人監督作品、『人間』


人間 [DVD]

人間 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



新藤監督の存在を知ったのはわりと最近(3年くらい前)なんですが
特集上映のチラシで、「あぁ慶様がいくつか出ている」という着目で
作品の一覧を眺めていたからか
どうもこの『人間』と、あと『鬼婆』が自分の中ではセットになってます。
とは言え、『人間』は観たことなかったのですが。

今回の慶様特集では、どちらの作品も組み込まれていたのですが
予定が合わず、『鬼婆』の方は観に行けませんでした。


難破してしまった船、海神丸に乗った人々が
飢えと死の恐怖に苛まれながら、次第に「人間」を捨てていく様子が
衝撃的に、でもリアルに描かれてます。

慶様と乙羽さんの辿っていくところは、
ある意味で人間性を失っている様にも思えるけれど
でもあの独りよがりで、残忍なところがやっぱり人間なんじゃないかなぁとも
思えるところがあります。
「ヒューマニズム」って言葉を人間が勝手に作って
まるで人間が動物とは違う様に区切られてしまっているけれど、
人間も動物ですしね。
ただ、最後の最後のシーンに、
新藤さんの精一杯の人間への信頼が描かれているのだと思いますが。


ええと、全然、綺麗じゃないです。
慶様のギラギラした男臭さとエゴが、すごい勢いで滲み出してきていて
乙羽さんの生き続けたいっていう欲望が、湿りきった状態でじっとりと船の底に漂ってます。
殿山さんみたいな人は、ほんとはいないんじゃないかとも思う。
でもなんでだか、絶望する映画ではないんです。
いざという時には、慶様たちの様になるかもしれないと思いながらも
そこに嫌悪を抱くからかもしれない。
これがあるから、ラストシーンは実はいらないのかもしれないけど
あれを撮るのが新藤さんなんだろうな。高潔だから。


役者さんはもう言わずもがな!
あと、音楽もいいです。
まさかこのモダンな音楽が、この映画のものだったとは!
全てがパチっとはまっている、すごい作品です。
慶様のおなかと天然パーマがどうしても気になるところですが…。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164857113

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。