2009年11月07日

赤のチェック


『銭のとれる男』

昼はレーサー、夜はトランぺッターとして名を馳せる男(田宮二郎さん)の
没落と再起を描く作品だったのですが…
作りとしてはちょっと薄かったですね。


これも慶様特集のくくりだったので、慶様が出ているのですが、
その役所がなんとバンマスピアニスト。
しかもやくざ界に身を置くわけでもなし、ただただ純粋に善玉。

稀代の悪人・慶様にこの役を当てはめるとは、
一体だれが、どんな動機でもって提案し
どのような経緯で決定に至ったのか、
時間の許す限り関係者から根掘り葉掘り聞き出したいところなのですが
そんな機会は得られないので、敢えてその疑問には長居しません。
ただそれよりもなによりも、声を大にして言いたいのは
赤いチェックのステージ衣装、それも紐タイ(!)の慶様が兎にも角にも恐ろしすぎる!!


若い頃の江波さんが出ていました。
誰かに振り回される若い娘さんだった頃の江波さんも可愛らしいですが、
やっぱり江波さんは年をとってからの方が格段に魅力的ですね。

あと主演が田宮さん。
冒頭ではそりゃ生意気な役だったのが、
没落した頃ガソリンスタンドで出会い世話になった心優しい娘さんのおかげで
改心していきます。
個人的にはどちらも今一つだったかな。
田宮さんも(慶様とは分野が異なりますが)もっと悪い人間か
愛嬌100%の役所を演じている方が好きです。


それにしても赤いチェックの慶様は恐かった。
これに尽きます。

posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164854557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。