2009年10月25日

慶様とメロドラマ

慶様特集その5
『白い南風』


この作品、今回の慶様特集の中で一番の問題作ではないかと、
勝手に思ってました。
なんたってチラシに「メロドラマ」って書かれていたのですからね!
メロ!メロドラマ!慶様が!!
と、非常に気になっていたわけです。

画像などが見つからないのでソフト化もされていないのでしょう。
だって慶様のメロドラマですもんね…

と、観る前からどきどきしていたのですが、
蓋を開けてみると…
…いつもの慶様でした。
そしてドラマは、全然メロドラマではありませんでした…。


池内淳子さん主演です。
大学教授の父親のもとにいる二人の学生。
ひとりは人格者で、池内さんとも(お互い片想いという形で)
両想いなのですが、別で婚約話が出ていて
もうひとり(慶様)は野心家で、教授のイスを狙う為に
池内さんに近づいていきます。


で、あれやこれやすれ違いやらがあって
池内さんが慶様の子を宿してしまうわけです。
しかし教授のイスが(池内さんの父親に嫌われている為)
絶望的と知るや否や、すべてを放棄し、
親の手前池内さんと婚約しながらも、
ひたすら冷たい態度や言葉で池内さんを責めたてる慶様。
そして一切反省の色を見せない慶様。
なぜか西村さんにまで非道をつくす慶様!
…ひどすぎます。


映画全体を通して「良い人」はいなかった様に思えます。
なので池内さんはひたすら不幸に陥っていくのですが
それでもやっぱりそれは慶様によって引き起こされた不幸で、
「悪人」と呼べるのも慶様だけでした。


慶様はやせて、まだ若くて、
自らの手で池内さんを苦しめていましたが
しかしこれからどんどんと悪人度を増していく、
その要素は充分感じとれました。
将来、悪の総帥へと成長していく慶様が観れる。
メロではないけど、やっぱり問題作です、これ。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。