2009年10月18日

『無理心中 日本の夏』


無理心中 日本の夏 [DVD]

無理心中 日本の夏 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD





ついに始まってしまった慶様特集。
ありそうでなかった慶様特集。
信頼できる映画館で組まれたので、
その分楽しみで恐れおののいた慶様特集。
映画館のある街を歩く度に特大の慶様ポスターに震えあがった慶様特集…。

幕はさすがのセレクトで、大島渚監督作品からあがったのですが、
いやーやっぱり怖かったですね、慶様。
慶様の男臭いところが出てました。恐ろしかったです。
死にたがる短パン姿の慶様…。
死ぬことしか考えていない短パン姿の慶様…。

作品は、渚監督らしく映像にテンポがあって、
台詞には虚無感と、
ぽつり、ぽつりとただ下へ下へ落とされていく万有引力が。
慶様のいでたちと低い声はそんな渚監督作品に合っている気がするんです。
落ちていくけど無くならないで、
低いところで漂ってる。そのうち下から充満していく。


田村正和さんが若すぎて、観終わってからもよくわかりませんでした。
殿山さんは殿山さん。かわいいです。
戸浦さんは… すごいですね、何ですかあのギラギラ感…。


あの白人に皆が何かを叶えたかったのかな。
渚作品らしく、わけわからないけど、
わけわからないなりに何か感じさせます、渚は。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。