2009年09月23日

鏡越しの寓話

韓国映画3本目。
『悪い男』
これもキム・ギドク。


悪い男 [DVD]

悪い男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD





ギドク映画はいつも容赦がなくて
今回もそうでした。観るにはあまりにショックが大きくて。
不快は不快。でもまっすぐなんですよ、根が。
だからでしょうか、逆に魅かれていってしまうんです。

あとは何だか妙に、寓話的。
キム・ギドクの作品はいつもある種の「ベタ」を感じることがあります。
これはまっすぐさと関係している気がするのですが、
ただその「ベタ」は、よくある日本や韓国の
純愛映画や復讐映画の安っぽいベタとは違くて、
やっぱり全然違う分野にいます。
まるで寓話を、裏側から観ている様な気分になるのはそのせいでしょうか。


あと今回は音楽も映像と、気持ち悪くなるくらい噛み合ってました。
合っている分、脳にはより強い衝撃が与えられるんですがね。
ギドクっぽいなぁ。
ギドクの周りにいるひとはこんな濃度に
どうして耐えきれるのかな。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145605566

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。