2007年09月29日

オードリーとカトリーヌ

『巨人と〜』に続き、増村保造×野添ひとみ×川口浩 をふたたび。
親不孝通り』。


ドロドロの愛憎劇とまではいきませんでしたが
ドラマ性はある作品でした。
姉を孕ませ、捨てた男に復讐しようとし
その男の妹に近付く…
そんな話で

不思議に思ったのが、そういえば若尾文子がヒロインだと
映画の進行が女性中心なのに
野添ひとみがヒロインの映画は
男性(私の観た映画の場合、川口浩)の姿を中心に
追われているのだな、と。


増村映画の女性はやっぱり芯が太い。
野添ひとみは学生で、現代っ子として現れているので
若尾文子ほどの「台風の目」の印象は持てないのですが
とにかく毅然とはしてます。

ですが、やっぱり違うのは
野添ひとみ演じる女性の芯の太さは、男性とは
離れた場所で、独立しているのに対して
若尾文子は、男性にどうしても影響を及ぼしてしまう
迫力があること。
初めに観た増村映画が若尾文子もの(しかも原作が谷崎潤一郎)
だったので、増村の本質はこっちなんじゃないかなーと。


でも野添さん、綺麗ですよ。
オードリー・ヘプバーンに似てる気がするのですが。
私の母は若尾文子さんを「日本のカトリーヌ・ドヌーヴ」と
うたっているのですが。
そういえばこの二人にも王女という共通点が。
身分を隠してローマを旅するアン王女と、
身分を隠してロバ皮かぶる御伽話の王女。

あなたはどちらが好きですか。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)
[出演]
[レーベル] パラマウント・ホー..
>>Seesaa ショッピングで買う


ロバと王女 デジタルニューマスター版ロバと王女 デジタルニューマスター版
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ロバと王女 デジタルニューマスター版
[出演]
[レーベル] ハピネット・ピクチャーズ
[監督] ジャック・ドゥミ
[種類..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by Cui at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

闇に蠢く黒蜥蜴

とかげ。
トカゲ。
蜥蜴。

表記によって印象変わります。
しかし漢字で書いた時のこの艶かしさは一体。

『黒蜥蜴』を観に行きました。
というと、

「あぁ、美輪さんが出てるやつね。三島由紀夫が、
 『丸山明宏とのキスシーンがなければ出ない!』とかって
 言ったやつね。はいはい。」

と思われる方も多いかもしれませんが、違います。
私は丸山様の方は観ていないのです。
これは、「京マチ子版」黒蜥蜴。


黒蜥蜴って江戸川乱歩原作だったんですね。
てっきり三島由紀夫作品だとばっかり…。
ようやく事実を映画館で知った時には
手にしっかりと、乱歩の『魔術師・闇に蠢く』持ってたりして。
つくづく乱歩中ですわ。そろそろ迷ってます。


さて映画、面白かったです!

ミュージカルばりの演出に心くすぐられました。
「くろとか〜げ〜 くろとかぁ〜げぃ〜」
『妖怪人間ベム』のうたをイメージして頂ければよいのですが
とにかくそんなコーラス。男性の野太い声のコーラスが
散りばめられていて。

実は脚本、新藤兼人。

京マチ子さんは『羅生門』『雨月物語』でしか
観たことがなかったので、
カラーの京マチ子、
洋装の京マチ子、というだけで新鮮でした。
まぁ、個人的には眉なしの白黒京さんが好きなのですが
しかし、美人は何しても美人で、観るものは幸せです。


あと、黒蜥蜴の手下(?)の侏儒がかわいかったです。幽霊怖がる子。
侏儒(こびと)というのは差別用語、ひょっとしたら放送禁止用語
なのかもしれませんが、
存在そのものも、この言葉も、私は大好きです。
片輪、不具、異形。
この手の危うげな用語には強い引力が。
「障害者」の方がずっとどうかと思います。



おそらく丸山版・黒蜥蜴の方が正統派で、
なんで、観る順番としては@丸山版A京版
の方が楽しめるかなーとも思い
昨年自分でふいにしてしまった、丸山版・黒蜥蜴の鑑賞の機会が
胸の痛みとともに思い起こされますが
しかし、京版黒蜥蜴こそ今後観れる機会が少ないだろうので
今回行けて、よかったです。
posted by Cui at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きなものばとん

ジャックさんより、1〜2ヶ月前に頂いたばとん。
長々と答えました。「好きなものバトン」。


ところで先日、話題の「脳内メーカー」をやってみたら
Cuiの頭の中はこんなでした。

Cui脳内.gif
(クリックで拡大)

こんな私でも好きになってくれる方はバトンもどうぞ。

好きなものばとんを読む
posted by Cui at 10:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

一億の罠


増村映画、『巨人と玩具』を朝から。


どうせと言うのもなんですが
男女の業だの情だのドロドロの映画に決まってらという
心持ちで行ったらば
そんな映画を朝っぱらから観るのですかという
心持で行ったらば
増村の罠に見事にひっかかりました。

社会派な部類に入ると思います、この映画。
日本の資本主義に対する風刺・皮肉がぴりりと効いている。


キャラメルを売るのに奔走する人々。
男女の情念は目立って描かれていませんが
それでも、躍起になって出世にしがみつこうとする男を
その手段として女を利用しようとする男を
見返す自由、それを女に与えているようにも読み取れましたが。

けど、男でも女でも
社会っていう一つの皿の上で西へ東へ走っているという点では
風刺の対象なのでしょうけれど。


映画のテーマは現代にもそのまま引き継がれるものですが
中でもある台詞は、1mmの差異もない、現代社会の真理。
曰く、
「現代人は考えない。考える暇なぞ持たない。
 我々はそこを狙うのです。
 考えない頭に、同じ言葉を繰り返し叩き込むのです。」


言い回しは全然違いますが、内容はこんな感じ。
ヒットラーが似たようなことを言って、実践してましたね。
つい最近辞めた総理の前の総理も、こんな感じでしたね。
消費に限らず、政治に限らず
この戦略にひっかかってる人は日本に溢れています。


私も、なにかの場面ではきっと足をとられています。
今回の増村の罠は、多少の小気味良さがある平和的なものでしたが、
問題となる罠は、ひっかかってるのに気づかないもの。

せめて、どこに仕掛けられているか気づいてる罠にくらいには
ひっかからないでいたいものです。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

腑抜けども、への 悲しみの愛

知久さんとJON(犬)とイトケンさんとロムチアキさんの
へっぽこへなちょこライブ@吉祥寺マンダラ2


ほぼ年に一度、17日に開催されるへっぽこへなちょこナイト。
普段は4人それぞれのソロコーナーのあと、カルテットになるのですが
「曲が増えてきた」とのことで、「初のワンマンライブ」でした。


腰抜け度が普段よりも更に高かった気がします。
特に後半は…。
ギャートルズ、一番最初に披露した時はもちょっとしっかりしていたのに…。
あの4人の中では、
曲たちもへなちょこにならないと生き残れない運命なのでしょうか。

某番組で超有名な、知久さんの「お父さんスイッチ」が
ライブで聴ける唯一の場所であろうと
たまの名曲、「ロシヤのパン」を
JONのボーカル・コーラス付きで聴ける貴重な場所であろうと
イトケンさんがどんなに複雑な曲を作ってこようと、
ロムチアキさんが滅茶苦茶の美人さんであろうと
ここではへなちょこでないといけないようです。4人では。


そんなへなちょこ四人組は
へなちょこなCDを来年作るつもりらしいです。
それ聞いて、えへへ、喜んでます。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

月食仮面

知久さんライブ@吉祥寺マンダラ2


知久さんも相当久々です。3月の新月ライブ以来…?
久々に行けたのがワンマンでよかったです。
ぎゅうぎゅうの会場でしたが、座れましたし。


ゲストで沢田ナオヤさん。
新月ライブでもゲストでしたが
前より多めに歌ってくれました。
すんなり聴きこめます。
ゲストって、合わないと本当に合わないのですが
沢田さんの場合、ライブの空気を壊さず、
すんなりと入っていけます。
知久さんがあんなに個性的なのに。


今回は、9月だからとお月様の曲を沢山やってくれました。
「月がみてたよ」や「月のひざし」は
普段からよくやってくれるのですが
まさか!で
「月夜の病院」もやってくれて
まさか、まさか!!で
「月食仮面」もやってくれて
まさか、まさか、まさかのアンコールで
リクエストにより、急遽
「満月の丸バナナ」もやってくれました。


個人的には「月食仮面」が一番嬉しかったです。
CDだと、やなちゃんのアコーディオンが冴え渡っていて
今やもう再現不可能なのではと思われましたが
何故かギターと声のみで、世界をとりもどせる知久さん。


初めて知久さんのライブに行った時を思い出しました。
たまが解散して、1年経ったか経っていないか…の頃。
やっぱりマンダラ2で、ワンマンで。
あぁこの人は紛れもなく「たま」なんだわ、と電流走った日。


先日の皆既月食は雨で観れませんでしたが
「月食仮面」聴けたのだからおあいこかも。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒薔薇白呪夫人


美輪明宏さんて特に丸山時代はこの世のものではないくらい美しい。
美輪明宏は美輪さんですが
丸山明宏は丸山様です。

『黒薔薇の館』を観に行きました。
丸山明宏様を拝みに。
映画自体の作りが、意外と雑であったので
本当に丸山様を拝みに行ったという感じです。


はじめは単色カラーなのですが
ここで現れる丸山様は格別。
その後、オープニングに行くのですが
すべて眩暈を起こさせる丸山様。


現代でもゴシックロリータなぞが流行っているけれど、
ここまでやらなきゃただの嘘です。
やるなら本物になってほしい。
でも、本物ってそうそうないから本物なのですけれど。


もはや出てくるのは映画ではなく丸山様からの感想ばかり。
田村正和が若いーとか、そんなのは二の次です。

あの、肩の肉付きがなんとも色っぽいのです。
いつだったか、「色気は男性のものなのではと思う」とブログに書きました。
色が女で、色気は男なのでは、と。
あながち間違ってはいない!と自分で自分の考えを認めちゃいます。
丸山様を前にすると。
だから女性はきっと、男性っぽさを持たないと色っぽくなれないのです。
ホルモンの微妙なバランス。

白呪白呪
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] 白呪
[アーティスト] 美輪明宏
[レーベル] セレソン
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う


微妙なバランス。
究極のバランス。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

プランクトンとなり

ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展@ラフォーレ原宿

ヤン・シュヴァンクマイエル PREMIUM BOXヤン・シュヴァンクマイエル PREMIUM BOX
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ヤン・シュヴァンクマイエル PREMIUM BOX
[出演]
[レーベル] コロムビアミュージックエンタテインメント
[監督] ベ..
>>Seesaa ショッピングで買う



値段が出るとこう、生々しいのですが
先日このプレミアムボックスを衝動買いしてしまったところでして。



人間椅子人間椅子
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 人間椅子
[著者] 江戸川乱歩
[種類] 単行本
[発売日] 2007-08-28
[出版社] エスクアイア マガジン ジャパン

>>Seesaa ショッピングで買う


ヤン挿画の、『人間椅子』。
これは買っていませんが
奇しくも現在、乱歩中な私でして。
(この話、大好き。)


場所が原宿なので、それもラフォーレとかいう建物内なので
行くか行かぬか迷っていたのですが
行ってきました。シュヴァンクマイエル展。


これまで、ヤンはすごい、ヤンはすごい、と
貧相な語彙でもって興奮を言葉にするという、
まこと恥ずかしいことをやっていたのですが
亡きエヴァの絵を観て、
エヴァもすごい!と。
まことに、自分が恥ずかしすぎます。

展示の量も多く、
あと、内容も濃かったです。
まさか彼等に実際に会えるとは……!
これを創っているのだよな
これに囲まれているのだよな
ヤンはまだ生きていて、どこかで。

世界は彼を中心に回っているのかもしれません。
綺麗なものも汚いものもすべて彼の堆肥となって
私はどっかの根腐れで。


かえすがえすも
何故原宿。
こう考えさせることが狙いだったのでしょうか。
posted by Cui at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

嵐がくる

酒井俊 2DAYS PLAYS STANDARD vol. 12 @新宿 PIT INN

久々にピットイン。
久々なのは、酒井さんのライブも、かもしれません。
酒井さんライブ2デイズだったのですが
2日目は水谷さんも桜井さんも入るという話で
ヒジョウに行きたかったのですが
台風に阻まれ、行けたのは1日目のみでした。

with String Trio以外で酒井さんを観るのは初。
足枷を外し、嵐を呼び寄せた酒井さんとご対面。


Stringsと一緒の時が不自由そうだとも
感じませんでしたが、
確かに、Stringsと一緒の時の方が
より「枠の中で遊ぶ」という感じなのかもしれません。
坂本さんは今回も参加していたのですが
同じ曲をやっても、やっぱり違いました。
2日目は、水谷さんも加わるということなんですが
やっぱり、違うのだと思います。
たとえ、向島さんが入ったとしても。


酒井さんソロ、になると
空間が際限なく広げられていきます。
どちらも酒井さんで
どちらもかっこよくて
どちらも
どちらも。
なのですが。

まぁ弦以外の楽器が入ったことも大きな要因なのでしょうけれど。
メンバー皆さんよかったです。
坂本さんや外山さんはもちろんですが、
ピアノを担当していた、田中信正さんに一目惚れです。

そんなメンバーに囲まれていても
この日は酒井さんのライブだったな、と思わせるから
酒井さんてやっぱりすごい。
前々から、お芝居みたいに歌うひとだと思っていましたが
台詞が突然入っても
全然違和感ありませんでしたね。やはり。

posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

王侯貴族

ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』
[出演]
[レーベル] 竹書房
[監督] ホウ・シャオシエン
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う

悲情城市悲情城市
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 悲情城市
[出演]
[レーベル] 紀伊國屋書店
[監督] ホウ・シャオシェン
[種類] DVD

■商品紹介■
1945年8月、太..
>>Seesaa ショッピングで買う



侯孝賢監督二本立て。

『百年恋歌』に関しては、
正直、主演のチャン・チェンさんを観るものかな・・・と
思ってしまったり。
作品自体も、良いところ、好きなところはたくさんあるのですが。
例えば、二話目の作り方とか。

けれど、ううむう、期待が強すぎたかもしれません。
お正月に『童年往時』を観て、
セットよりもロケが似合う、ドキュメンタリー風の監督さんだと
感じていたので、
やっぱりロケを基調にしてほしかったです。
しかし、その点でも一話目はとても良かったです。
なによりチャン・チェンさんの色っぽさに脱帽でした。


『悲情城市』は、
歴史を知るほど面白みも増すだろうなと思える作品。
おそらく細かいところにまで、演出を行き渡らせてくれているので。
日本の統治、それからの中国の統治。
台湾の在り方については、現在でも解決はしていません。
気軽に行けるところですけれど、
能天気なまま行くことには抵抗を持っていないとですね。


しかしそんな真面目な考えとは別のところで
トニー・レオンのかっこよさに脱帽してみたり。

王家衛の映画で出逢ったチャンさんとトニー。
侯監督の映画でもやっぱり色男。
中国映画にも、香港映画にも、台湾映画にも出ます。
国際問題さらりと解けてしまえばいいのに。
役者は自由に行き来しているのだから。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。