2006年08月29日

開いたぎっくり箱


Gさんライブ「こころのモザイク」@荻窪ビストロサンジャック


お店の前で開場を待っていると、中から知久さんが…。
ぎっくり腰で、予定されていた
知久さんとの2niライブに行けなかったGさん。
今回はソロライブのはずだけれど、これはもしや…?

Gさんは痩せこけていました。
先日のエコーユナイトのライブの翌日に
ぎっくり腰が再発してしまったらしく、
なんと救急車を呼んで入院までしていたとのことでした。
「救急隊員は頼りになる」と感心したようです。


本編は一曲目からサプライズ。(私にとって。)
「日本でよかった」を演奏。
これは「ワルツおぼえて」並に一生ライブでは聴けないだろうと
思っていた曲だったので、
これをもって両方聴けたということに感動でした。
♪その春は理解にくるしみ…

他にもいつもはあんまりやらない曲が多くて、レアな感じでした。
「まるで知久君」とウクレレを取り出したりもしましたし。


1回休憩をはさんで再開された二部からは、
サードアルバム「カタチ」に参加した
ヴァイオリンの平松加奈さんと一緒に。
「カタチ」(曲名)はピアノでしか聴いたことがなかったのですが、
ギター演奏でも、ヴァイオリン入ると
こんなに音源に近づくのかとびっくりでした。


アンコールでついに知久さん登場。
G:「平松さんじゃあ石川さんの役ね。」
知:「えっそれはかわいそう(笑)」
平:「えー今日タンクトップ持ってきてないー」
なんていうほほえましいやりとりもあって、
みんなで「ハダシの足音」を演奏。
やっぱりにぎやかで楽しいです。
本人たちもすごく楽しそう。演奏中も、演奏してない時も。


もう一曲くらい揃ってやってほしいなというのが
本音でしたが、
その楽しみはまた今度。
きっといつかまたやってくれます。
サプライズでふたりの共演が観れて幸せでした。


セットリスト
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

六本木Heels

Warehouseと柳原ライブ@六本木スーパーデラックス

一生目の前にすることはないだろう、とすら
思っていなかったほど興味のない六本木ヒルズの前を過ぎて、
Warehouseと柳原のレコ発ライブへ。

レコ発は何となく「ワンマン」といったイメージが
あったのですが、
今回はいろんな人が出るパーティーのようでした。
初めて見る人ばかりでしたが、
どれも一風変わった人達で、新鮮でした。
名前だけは知っていた「ヒカシュー」のリーダーという
巻上さんのテルミン&口琴&声に目がぱちくり。
雲南省やロシアの口琴といった珍しいものや、
声とテルミンとのコラボ、すてきでした。
テルミンの構造の謎は深まるばかり。


Warehouseとやなちゃんはトリ。そりゃそうですね。
歌ものはアルバムに入っているのは全てやったかな。
なにやらやなちゃんが上機嫌に見えました。
テンション高め、というか。
鬼怒さんと一緒だと、なんだか楽そうですね。

そしてこの日は高良さんにときめきました。
いつも淡々と木琴(マリンバ?違いがわかりません…。)を
演奏しているというイメージが強かったのですが、
いつもよりも距離的に近くて見やすかったのもあってか、
だいぶん印象が違いました。
もしかしたらいつもそうだったのかもしれませんが
ドラムや鳴り物の演奏がなんだか骨っぽくて、
ヒールでロックな感じが見えて、
こんなにかっこいい女性だったかとびっくりしました。
やなちゃんは、高良さんを「日本のリンゴ・スター」と
思っているそうです。


帰りには六本木ヒルズの存在などすっかり忘れて
知らぬ間に通り過ぎつつ駅へ向かい、
そうして案の定地下鉄で迷ってしまいました。
けど意外と近い六本木。
まぁ、行くことはまた暫くないんでしょうけど。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

彩色千輪菊

歌姫楽団ライブ「彩りの夜〜歌を千輪の花束にして〜」@吉祥寺スターパインズカフェ


新しいアルバム、「彩色千輪菊」をもってメジャーデビューを
果たすことになった(らしい)歌姫の、レコ発ライブ。
サードアルバムができたことも、デビューも、
どっちもおめでとうです。

久々に観た歌姫楽団の感想は、
「うまくなったなぁ」ということでした。
そこまで久々でもないはずなんですが、
なんだか各人の意気込みが伝わって、
バンドとしての余裕というか、貫禄みたいなものも
見えてきましたし、
ホーンセクションのサポート無しにも関わらず
歌姫の世界観を出し切った、よいライブだったと思います。
アイドルのしこうさんもかっこよかったし。
(私の歌姫のライブの感想っていっつもここに行き着きますね。)


わたしが歌姫を初めて観たのはもう5・6年前で、
そのつどほぼリアルタイムに「新しいアルバム」も
手にすることができたけれど、
こんなに「節」みたいなのがくっきりなのは初めてでした。
けど、いつも通りに楽しめました。とても楽しく。

ボーカリストの歌唱力が上がって、
ピアニストが変わって、
トランペッターがいなくなって、
ギタリストがちゃんと服を着るようになって、
ベーシストとドラマーに笑顔が増えて、
いろいろいろいろ変わったはずだけれど、
いつでもいつも通りに楽しめるバンドさんです。
きっとこれからも。


ワンマンだったので曲もたくさん聴けました。
今回のアルバムはミニアルバムなんで、
収録曲は少なめだったわけですが、
これからもどんどん作ってほしいです。
個人的には「男五分五分女五分五分」を入れてほしいです。
カバー曲だから、難しいですかね。

あやふやセットリスト
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

線路は続くよ10年も

ホルモン鉄道10周年ライブ@荻窪ビストロサンジャック

はじめてのお店。
2回目のホルモン鉄道。
けれど10周年。
私の知ってるものなんて、ほんのまばたきみたいなものです。


ホルモン鉄道は石川さんと大谷氏さんのユニット。
おふたりがギャハハハと楽しむユニットです。
ついでにこっちも笑いすぎて、
ほっぺた痛くなりました。

大谷さんのステージの時にも
謎のメキシコ人、アディオスさん(どう見ても石川さん。)
が出てくるし、
ふたりで鉛筆削りをがりがり。
スリッパ叩いたり。
石川さん、紅白出場してるんだよなぁ…、と、
あっけにとられながらもかぼそい声が頭の中にありました。

「10年もこんなことしてるのかぁ」と逆に感心もしましたが、
いやいや、
「35歳でこんなこと始めたのか」もあるなぁと
帰ってから気付きました。
…いいなぁ。


お店は狭めだけれどかわいらしかったです。
今月末Gさんのライブでまた行く予定です。
今度はちゃんと食事もしてみたいな。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慶様は色男


だんなさまの名前は慶様。
ごくふつうでない彼は
ごくふつうでない声をし
ごくふつうでない役者でした。
ただひとつもごくふつうではありませんでした。

佐藤慶様、です。
様をつけるのがなんだか慣習となってしまいました。


『四谷怪談 お岩の亡霊』
はい、またしても四谷怪談を観に行ってしまいました。
チラシの解説によると、
慶様の伊右衛門役は冷酷極まりなく、
他の四谷怪談に比べてもピカイチだった、
と書いてありました。

のですが、
それほどにも感じませんでした。
きっと慶様は乱暴な口などがあんまり似合わないというか、
静かなほうが怖い人なんでしょう。


伊右衛門役は怖くなくても、
慶様は恐いです。
なんであんなに変わらないんでしょう。
いつ観ても、同じ姿です。
宇宙人といわれても驚きません。

慶様の着流し姿を観るのは初めてだったかもしれません。
そして声があんなにいい人だとは、
気付きませんでした。
怖いほどの魅力です。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

あこがれの悪夢

ピルケ!(バーン!!)
パドルケ!(バァ〜ン!!)

遊びすぎです。

と、つっこみたくなる場面もある、
天才ヤン・シュヴァンクマイエルの『ファウスト』を観ました。
(観てないとさっぱりわからないです↑)

外かと思ったら中だったり、
現実のはずがお芝居だったり?
人形が、人間だったり、
過去なのか現在なのか。
その逆も。
「カオス」ってこういうものなんでしょうか。
けど統一された世界。
カオスってこういうもの?


ファウストはちゃんと読んでいませんが、
これを観てしまったが為に、
これから原作を読んだりお芝居を観たりしても
ものたりなく思ってしまうんじゃないかという不安が。

ピルケ!パドルケ!と騒いでいた
ファウストの臣下が、
『ドン・ファン』に出てきた
「だんな―、だんなー」って騒いでいる奴に似ています。
ヤンのお気に入りキャラクターなんでしょうか。


シュヴァンクマイエルは「悪趣味」「悪夢的」と
評される事の多い、まさに天才なんですが、
あんな悪夢は一般人には観れません。
あんな悪夢が観れた時、
それはきっと、うれしくなる時です。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Кто зто?

『チェブラーシカ』
やっぱりかわいいです。

実は今年になって初めて観たチェブラーシカ。
かわいいわかいいかわいいですねぇ。
ワニのゲーナもかわいいです。
アコーディオン上手だし、
目がきらきらです。

「チェブラーシカ」って
そういう意味だったのかーとようやくわかりました。
けどゲーナが辞書で調べても載ってなかった訳ですが。
がっかりしてるチェブラーシカもかわいいです。

今年からカタツムリのようなペースでロシア語を
べんきょう…
いや、遊びのようにへろへろでやっているんですが、
その教材としてももってこいです。
といってもちょっとしか聞き取れませんが。
それに結局はキャラクターのかわいさに
全部の意識がもっていかれてしまうんですが。


3話収録で、これ以外にもアニメは作られているのか、
よくわからないのですが、
この3話だけでこれだけ有名だっていうのもすごいですね。
絵本が先にあったのかな?

ノルシュテインといい、
相変わらずのロシア技術・センスに脱帽です。
かわいいくせに、
ちょっと社会風刺みたいなのも入ってて、
かわいいだけでも目一杯なのに、
それだけじゃないのねーというのに
また惹きつけられます。

хорошо!!

posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

スコール・ウォーズ


『ククーシュカ ラップランドの妖精』という映画を観にいきました。
雨の予報も何のその。
折りたたみ傘があれば大丈夫。


ラップランド、というと
大島弓子さんの漫画、「いちご物語」をすぐ思い出します。
タック、ネーイ、フェロート…。
カタカナで知るラップランドの言葉を
耳でも聞けるかな、と、ちょっとわくわくしていました。

が、映画はラップランドが舞台ではあるけれど、
ラップランド人は一人のみ。
ちょうどラップランドが戦地となっていた時代の話で、
フィンランドとロシアという、敵対する二つの国の
兵隊(本人たちは反戦意識を持ってるのですが。)が
ひょんなことからラップランド人の女の人と
暮らすようになる…という話でした。

言葉の通じない3人。
それぞれサーミ語、フィンランド語、ロシア語で話して、
ちっとも共通の単語を見出そうとしません。
偶然会話がかみあう場合もあるし、
さっぱりかみあってない場合もある。
最後の最後まで通じてないのがちょっと面白かったです。


映画としては、映像づくり、脚本づくりも
まだ被写体に頼ってしまっている感はありましたが、
どこかいとおしいものがありました。


思ってたより戦争の背景が強い映画だったなー
などと思って外をてろてろ歩いていたら、
急に大雨。
雷。
暴風。
折りたたみ傘では太刀打ちできず、
ガス屋さんに逃げ込んで雨宿りをさせてもらいました。
出掛けにはセミが額にぶつかってきたし、
自然には、勝てません…。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

かくれんぼお月様

知久さんライブ「おとなの夏休み」@吉祥寺アムリタ食堂

ワンマンはすごく久々な感じのする知久さんライブ。
場所は、一回だけ普通に入ったことのあるアジア料理屋さん。
食事をちゃんととってのライブ。
おいしゅうございました。

ステージ横にはキレイな写真がスクリーンで何枚も何枚も
流れていて、
それはやっぱり知久さんが5月に行ってきたという
カンボジアでの写真でした。
ツノゼミ(小さい!)の写真がたくさん。
「かーわいぃ!」「かーわいぃんですよねぇ〜」と
知久さんが写真解説中に喜んでました。

ライブでは久々に「電車かもしれない」や「学習」が聴けて
うれしいきもちでした。
また、「満月ライブ」というイベントらしく、
月のうたもいくつか。

「おるすばん」のイントロ中に、
吉祥寺にあるといういい感じのいちょうの木のお話をしたので、
あれ、「いちょうの木の下で」のイントロだったかなと、
思ったらやっぱり「おるすばん」で、
終わってから「ここでいちょうの話をするんだったー」
と言って「いちょうの木の下で」を歌ってました。
知久さんお気に入りのいちょうの木は荻窪にもあったようで、
突然何の前触れもなく駐車場にされてしまった
腹立った、といってました。
わたしにも似たような経験がありますが、
ほんとに、ああゆうのは困ったものです。

本編が終わったのが約束の音出し時間をオーバーしていて、
「(アンコール)だいじょうぶ?ほんとにだいじょうぶ?」
と何度も尋ねる知久さん。
オッケーサインを見て、
「そう?こっから急にラウドになるよ」と言って笑いを誘ってました。
「んなわけないね」と言って
ちゃんとアンコールも2曲。
お店も料理屋さんだったので、とても雰囲気のいいライブでした。

外に出ると、雲間から月の光。たまに月の姿。
かくれんぼお月様。
台風で、雨の音で目覚めた朝だったのに、
きれいな満月が観れて興奮しました。
じつはこの日は私のプレゼントもらっていい日。
映画みて、チェコアニメみて、知久さんライブあって、
台風で、でも満月。
たくさんのプレゼントをありがとうでした。

セットリスト
posted by Cui at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUK PUPA TEATRO

P8090246.jpg

チェコアニメを観に新宿へ。
会場は「プーク人形劇場」というかわいらしい小屋でした。
観に来ているのも子供連れの方がおおくて、
たくさんの小さい子、かわいかったです。
暗転しただけで「あー くらくなったぁー」という声がしたり。
また客席には、今年よく観る某ベーシストさんの姿が…。
妹さん(アコーディオン奏者)とは一緒じゃありませんでしたが、
なんだか倍に得した気分です。

プログラムは
『カラマイカ』
『本棚の世界』
『お魚の話』
(〜「ぼくらと遊ぼう」シリーズより。)
『卑怯者、出てこい』
『結んだハンカチ』
『フルヴィーネクのサーカス』
と、
人形劇で
「ダンカン・グレイ」(人形ボードヴィル)。
人形劇を生で観るのなんていつ以来だろう。


大好きなチェコアニメ、ですが、
残念ながら今回のものはツボはまるものは
あんまりありませんでした。
また、子供さんが多いので、
字幕の漢字に
ふりがなをつけてあげたほうがいいんじゃないかとか、
作品にしてももっとキャラクターの強いものや
単純なもののほうが楽しいんじゃないかなと思ってしまいました。


いちばん可愛くて面白かったのは
「お魚の話」。
子供受けもばっちりでした。
と思ったら、数ヶ月前に別のチェコアニメ上映で知った
ポヤルさんの作品。
積極的におっかけたい人です。
posted by Cui at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人称世界


高校の時、読書感想文の為に読んだ記憶のある
『長距離走者の孤独』
の映画版(ビデオ)を観ました。
少年院にいる男の子が期待を背負ってマラソン大会に出る作品。


あんまり、本のほうがどんなのだったかは覚えてなくて、
設定とラストのみ薄ぼんやりと残ってるという感じでした。
なので映画がどの程度忠実なのかもわからず、
「こういう話だったっけ?」という
思いがへばりついてしまって、
映画としての感想があんまり持てなかったのが
自分で残念でした。


本の方はひたすら一人称ですすむと記憶しているのですが、
映画だと、状況などを映してしまうことから
イメージよりも「広い」視界で、そこがギャップでした。
けれどラストが一人称的な映像だったので、
ラストについては「そうそうそう、こういう話だった。」と
重なりました。


感想文、なんて書いたのかさっぱり覚えていませんが、
それまで作文は得意だったのに
この時に関しては評価が低かったのを覚えています。
(たしかD判定くらいでした。)
今ならあの時先生が何て書いてほしかったのかはわかるんで、
今提出したら、きっとAかBがもらえると思います。
けど、期待どおりのことを書いて高い評価をもらうっていうのは
この作品のテーマと矛盾してますよね。
そこまでわかっていたらあの時の私は、
きっと評価の見直しを堂々と請求できたんだろうな。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

熱中時間


ミツムジカ、旭荘201ライブ@吉祥寺西友前。

夏祭りの一環としてあったらしい、路上ライブ。
2日間、朝から夕方までずっとやってたようですが、
ミツムジカと旭荘だけ観に行きました。

ミツムジカは、かちむつみさんのバンド。
旭荘は(CDは聴いたことあったけれど)観るのはじめてのバンドです。
旭荘のキーボードもかちさんが担当してました。
一応屋根つき商店街だったんですが、
外の空気は暑い暑い。
熱中症には気をつけないとです。


両方とも、本音を言えば、
夜や「ハコ」(ライブハウスとか)向きかなーと感じました。
まぁ、場所自体が商店街の中という、
ちょっとざわついた場所だったわけですが。
特設ステージか何か設けてもいいのにな、とは思いました。

旭荘のときに、
やけにノリノリの子供がいて、
手拍子をしたり体をゆらしたりする姿がかわいかったです。
おばあちゃんに「もう行こう」と連れてかれそうになると、
「やーだぁー まだやってるぅー!」とダダをこねてました。
リズム感もよかったし、
あの子は音楽をやったほうがいいかも、
などと横でいろいろ考えたり。
結局終わらないうちに連れられてしまいましたが、
面白かったです。
子供のほうが、大人よりちゃんと音楽に熱中できてます。
そんな時間を大切に。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必死に生きる


70年代色がかなり濃い濃い映画でした。
『青春の殺人者』
水谷豊さん主演です。


水谷豊さん、最近はちょっと知的だったりインテリだったりの
役柄が多いように感じられますけど、
私はむかしの、学歴は中学中退みたいな感じの、
向こう見ずというか、ある意味かなり純粋なチンピラみたいな
雰囲気を出してる時の方が好きです。
70年代の水谷さんは、70年代の青年そのものみたいで。

両親を殺してしまう青年と幼なじみの少女を追ったストーリー。
母親役の市原悦子さんが面白かったです。
全体的にシリアスな作品ではあるんですが。


70年代、
60年代とはまたちょっと違ったふうに
「必死」だった時代だと思います。
この「必死」は文字通り「必ず死ぬ」と解釈しているんですが。
社会だったり自己だったりに対して、
暴力的に闘って闘って、闘うしかなくて、
多くの人がいろんな「死」を遂げた時代と感じます。
その末が、
あのどこか平和ボケした、80、90、00年代なのかと
考えると、寂しいというか、すこし残念です。

私は平和主義者なので戦はきらいですが、
なんにも考えなくなったらおしまいかな、とも思います。
戦をおこさない為に考えるべき、というか。
なんていうか、
60、70年代の闘いは、本質的には精神的なものだった気がします。


利益のからんだ、物質的な戦いはきらいです。
死ぬほど、きらいです。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

第二の四次元

ジャンタル・マンタルライブ@吉祥寺マンダラ2

大晦日以来、
観るのは2回目のジャンタル・マンタル。
ですが、何だかすっかりといった感じで
聴いてるほうもいい具合に気が抜けて、
けど惹き込まれる音です。
ようやく発売になったCDも買えて、
満足な限りでした。

Gさんはリーダーのわりに相変わらずもの静かで、
音でも、目立つというより土台の部分を
淡々と担ってくれてるという感じで、

西脇さんも、ここちよいギターが、
やっぱりひっそりと、でも安心できるような佇まいを
みせてくれていて、

斉藤さんはしっかりした技術で
隙のない世界を、繊細につくってくれるし、

尾引さんのイギルとホーメイが、
ジャンタル・マンタルの異国情緒を
ぐぐいと出してくれます。

渋くてかっこいい、インストライブでした。

むかし、
「電車は第二の四次元とも言われている」という話を聞きました。
自分は動いていないのに別の場所に着いてるから、
だそうです。
そうすると、ジャンタル・マンタルもそうかもしれませんね。
ジャンタル・マンタルというのは
インドにある古い展望台の名前だそうです。
自分が立っている場所とは全然別の
遠くの風景が、視野を覆い尽くしているなんて、
ある意味四次元じゃないでしょうか。

ジャンタル・マンタルは四次元をつくる場所。
そしてジャンタル・マンタルは
どこか遠くにいるような、そんな幻影を抱かせてくれる
音をつくるバンドさんです。
四次元です。

まちがえました。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガこわい


一時期毎日のようにすれ違っていたので
特別考えていなかったのですが、
もしかしたら楳図さんとも今年は縁があるかもしれません。
楳図かずおさん原作、
『蛇娘と白髪魔』という映画を観ました。
たぶん「ママがこわい」と「赤ん坊少女タマミちゃん」
か何かがまざっていると思うのですが。
ううう、恐いです。


楳図さんには強い興味を持っていて、
きっとすごい人なんだろうとは思っているんですが、
哀しい哉、あんまり恐そうで、
実は一度もちゃんと読んだことがありません。
蒲団には鱗が…
天井に眼が…
窓から白髪魔が…
こわいです。

映画は、レトロな感じでした。
楳図さんが運転手役で一瞬出たんですが、
若い!
頬がこけていません。

漫画のほうがはるかに恐いんだろうけれど、
私はこの映画だけで充分ハラハラしました。
心臓に悪いので、
やっぱりまだまだ楳図さんの漫画は読めそうにありません。
もし読む日がきたら
その時は夜のトイレのお伴をお願いします。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ゆれない理由


第2回オダギリファンの集い
で、
おともだちのremuさんと『ゆれる』を観に行きました。


この映画、前評判では
オダギリが、オダギリが、オダギリが、オダギリが、
監督が、監督が、監督が、監督が、
すごい
という感じだったのですが、
いやいやいやいや、
この映画は、香川照之さんのものです。


作品自体は、
脚本・演出・キャスティング、
どれも正直力不足に終わったような気がします。
橋から落ちた女の人も、もうちょっと効果的に
使えたんでは?と思ってしまうし、
木村祐一さんやピエール瀧さんも、
別にわざわざこの為に持ってこなくても…とか、
オダギリにしても、
今回は別にオダギリじゃなくても成り立ったというか…。
『メゾン・ド・ヒミコ』のゲイ役の方が合ってたよね、
という感想をremuさんと一緒にしてました。

けれど、けれども、
香川さんはすごかったです。
香川さんも役に合っていたかはわかりませんが、
それでもあれだけ演じきってくれたんだから、拍手です。
もっと香川さんで宣伝してもいいのに。
というか、するべきです。

なので逆に、厳しいことを言うようですが、
お前何様だよと思われるかもしれませんが、
香川さんがいなかったらこの映画は
インパクトの弱い作品となって、
それこそゆらゆら揺れて、
しっかりしなかったかもしれません。
だから、

揺れを抑えたのは、監督でもオダギリでもなく、
香川さんだったのではないかと思います。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。