2005年04月30日

Happy Birthday April

下北沢Tea Break Jamで、Cafe部さんというところが主催する、
4月生まれの方を祝うイベントがありました。
お目当てはボサノヴァシンガーAkiさん。
Akiさんは約一年前に一目惚れ、そして一耳惚れ。
ボサノヴァ好きのきっかけともなった人。
前回行ったライブでは、
約一年前にたまたま客席にいた私を覚えていてくれたと知って、
そのお人柄にも惚れました。

会場へ行く直前、心があまりにもガサガサだったので
帰ろうか迷ったけれど、
行ってよかったです。
入った瞬間にもうガサガサもなくなりました。

Akiさんの音楽はやっぱり好き。
なにがどう〜と言葉にできないけど、好き。
Akiさんのライブに行く日はいつも、
どきどきしてしかたないのです。
帰りはついつい頬がゆるんでるんです。
恋です。これはもう。

ライブの後も声をかけていただいて、
ほかにもいろいろ、いろいろ、
たくさん気を遣わせてしまったようで申し訳ないけれど、
幸せ。幸せ。

ずっと、欲しくて欲しくて、
タワレコで見つけたけどケース割れてるから買うの我慢して、
ずっと、ご本人から買う日を夢みていたCDを
ついに買うこともできました。
以来私の部屋からは、ずっと、
Akiさんの軽快でしっとりとした曲が流れています。
posted by Cui at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

もうすぐ五月

「いえ、余り憂鬱ですから、逆まに世の中を眺めて見たのです。けれどもやはり同じことですね。」

              (芥川龍之介 『河童』より)       
posted by Cui at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

風船画伯

ゆうべ、テレビで谷中安規さんについての番組が放送されていました。
谷中さんの版画は、観たことがあったけれど、
ゆうべようやく名前を知りました。
かわいらしい版画です。
決してかわいらしさだけではないのだけれど、
でも、「かわいい」とすぐ思ってしまいます。
宗教的ではないのだけれど、
なぜかルオーの絵を思い出しました。
キン・シオタニも谷中の版画好きそうだね、
という話も出ました。

内田百蠅・鬚風船画伯」と名付けられたそうです。
こんな名前を考えついてしまう内田百蠅癲「
つけてもらえるような谷中安規も、
どちらも羨ましく思えます。続きを読む
posted by Cui at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

古代中国では

雲は石のもとから出てきたのだと考えられていたそうです。
あれだけ「天」を絶対視していた国が、
天空に浮かぶ雲を石から出たと考えるのは、
何ともふしぎだと思いませんか。
posted by Cui at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『古事記』以来

 イザナミ「なんてすばらしい男性。」
 イザナキ「なんて素敵な女性。……女性が先に言うのはよくありませんよ。」

神話の時代から性の優劣が考えられてたなんて…。
ヒドイ。
しかもこの時イザナミが先に言ってしまったがために、
二神の子は水蛭子(骨なし子?)だったのだと天つ神に言われてしまいます。
ヒドイ。ヒドイなぁ。
原始、女性は太陽だったんじゃないんですか?    
posted by Cui at 16:58| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

好きな言葉

「あ、あの人の手、骨ばってる。」

電車の中や喫茶店で、骨ばってる人を見ると、
なんとも快いのです。
骨ばっている人が好きというよりは、
「骨ばってる。」
という言葉が自分の頭にふとよぎる時の感覚が好き。
「あ、」というニュアンスがついてるのが好き。
わたしは骨ばっていないので、
骨ばってる人はいつも『発見』されます。

骨ばってる人は、さして少なくはないはずだけれど、
いつも久しぶりに思い出したかのように、
「あ、骨ばってる。」が浮かぶ。

骨ばってる人、探しません。
骨ばってる人、偶然見つけて、
「あっ」って思いたい。
posted by Cui at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

終極無間

『インファナルアフェアV 終極無間』を観ました。
Uでは観れなかったぶん、トニー・レオンとアンディ・ラウの
豪華コンビがまぶしかったです。
けど、「シリーズものは最初のが一番面白い」と良く言うように、
やっぱりこれに関してもTが一番面白かったように感じます。
UとVは、ちょっとツメの甘い部分がある気がする。

けどこんなにこの定説がぴったりくるのは映画だけかも…。
本や曲なんかだと、
「私は3番目のが好きだわ」
「えー、絶対2番目のよぅ」
って会話がもうちょっと成り立つ気がします。

ああ、それにしてもトニーもアンディもかっこよかったです。
もちろんアンソニー・ウォンも。
なぜに、「香港四天王」にトニーは入ってないのか。
ちなみに、私の選ぶ香港四天王は…
トニー・レオン
アンディ・ラウ
レスリー・チャン
金城武

金城は日本でブームだった頃はそんなに好きじゃなかったけれど、
『恋する惑星』と『天使の涙』で好きになった。
あ、でももしや彼は香港でなく台湾??

ところでまだブログのやりかたがさっぱりなんだけれど…
助けてください。
posted by Cui at 17:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめます

「ブログやりたいねぇー」とお友達と話してから数ヶ月が経ちました。
お友達は立派なブログを作りましたが…
「四月中には…」と約束したのでそれを果たしますよ。
ブログはじめます。
よろしくどうぞ。
posted by Cui at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。